腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、 背骨の腰の骨と骨の間の椎間板というクッションが、つぶれてはみでてしまう疾病です。

おまんじゅうの皮が骨、中身のあんこが椎間板だとすると、おまんじゅうがつぶれると中の餡子がはみだしてくる、そんなイメージですね。

そのはみでた椎間板が、神経を刺激したり圧迫してしまうことにより、 腰の痛み、臀部(お尻)・脚のシビレや麻痺、痛みなどを引き起こすことがあります。

治療は、 『腰周りの筋肉の柔軟性および筋力の向上』 が大事になります。 基本的に、椎間板がつぶれてしまうぐらい負荷がかかっているのならば、周囲の筋肉にも相当負荷がかかっています。

筋肉は、一定以上の負荷がかかれば、疲労して固くなります。

固くなると、血流が悪くなり固まったままになります。

固くなった筋肉は筋力低下を起こします。

腰椎を支えられなくなり、ヘルニアがひどくなる。

ですから、筋肉をほぐして、血流を良くする必要があるのです。

腰椎は筋肉に支えられているので、 筋肉が弱くなってしまうと、腰椎への負担が大きくなりますので、 筋力をしっかりさせて、腰椎への負担を減らしてあげることが大事なのです。

ふれあい鍼灸整骨院

〒226-0014神奈川県横浜市緑区台村町352杉崎ビル1階