高齢者疾患

変形性関節症

加齢などで関節の軟骨がすり減り、痛みや炎症を生じてしまいます。特に膝の関節部に好発し、特徴的な症状として動き始めの痛みや荷重時痛、階段の昇り降りでの痛みなどが出現します。進行していくと歩いての痛みが出てしまい、それにより炎症が起きて水が溜まってしまいます。それに膝の曲げ伸ばしがし辛くなり正座ができなくなります。
当院の治療法としては、炎症を抑えることができる超音波治療器や、屈伸がし辛い方には関節モビライゼーションを行い可動域を広げていきます。
更に日常生活でできるセルフケアや筋力トレーニングのお伝えをして自宅でもケアをできるようにしていきます。
正座ができなかった人ができたり、数年間悩んでいた痛みが数回の治療で良くなったりと好評です。

施術へのこだわり

腰からくる神経痛

加齢により背骨が歪んできて、骨や靭帯が肥厚して神経が通っている部位を圧迫して痛みと痺れを出してしまいます。
特徴的な所見として50代以降の高齢者に多く発症し長い時間歩けなくなり、休憩をしてまた歩けるようになるという間歇性跛行が出現します。更には、立っているだけでも歩いているだけでも臀部や足の方に痛みを出したり、神経が圧迫されているので神経痛やむくみ、血液循環が悪くなってきます。
当院の治療では背骨の負担を減らす矯正の治療を行っています。背筋を反らすと症状が悪化してしまうので、矯正治療によって骨格の歪みを整え背筋が反らさないように整えていきます。更にお腹の力(腹圧)が弱い方ですと背骨を支えることができなくなり症状の増悪に伴いますので、楽トレをお勧めしています。楽トレでは唯一背骨を支えるインナーマッスルを鍛えられる機械です。
腰からくる神経痛にお悩みの方は是非ご相談下さい。

施術へのこだわり

姿勢不良からくる歩き辛さ

加齢によって背骨の形が変わり徐々に丸くなって一般的に猫背と呼ばれる円背になっていきます。原因としては先天性のものや変形によるもの、長時間の筋肉の緊張がありますが、大多数を占めるのは日常生活での姿勢によるものです。
背骨が丸くなることで骨盤が前に傾き足を上げる筋肉である大腰筋が上手く機能しなくなり足が上がり辛くなります。その姿勢が続くことにより背骨にかかる負担は増えていき、圧迫骨折の原因になってしまいます。もしなってしまったら最悪の場合寝たきりになってしまいます。
予防としては大腰筋を鍛え姿勢を正すことや、猫背矯正や骨盤矯正で歪みをとることが大切です。当院では患者様一人一人にあった姿勢をチェックし矯正かトレーニング指導を行っています。
姿勢不良によるお悩みの方は是非ご相談下さい。10歳若く見える身体づくりをお手伝い致します。

施術へのこだわり

ふれあい鍼灸整骨院

  • 【住所】〒226-0014 神奈川県横浜市緑区台村町352杉崎ビル1階
  • 【アクセス】JR中山駅南口を出て徒歩5分。食品館あおばさんのすぐ近くです。アクセスマップはこちら
  • 【受付時間】9:00~20:00 土祝 9:00~17:00
  • 【休診日】日曜
045-938-0517
【受付時間】9:00~20:00 土祝 9:00~17:00 【休診日】日曜

お問い合わせはこちら

ふれあい鍼灸整骨院

ふれあい鍼灸整骨院