腰痛にお悩みの皆様へ ~ギックリ腰の原因と予防~

腰痛にお悩みの皆様へ~ギックリ腰の原因と予防~ 

ぎっくり腰のイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとやぎっくり腰のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや
こんにちは。神奈川県横浜市緑区にあるふれあい鍼灸整骨院の嶋田です。
 今回は突然起こる腰痛、ギックリ腰についての原因と具体的な予防についてご紹介致します。2016年の公民生活
基礎調査によると、腰痛は体の悩みにおいて男性で1位、女性で肩こりに次ぐ2位の国民病となっていました。また
、40歳以上の人口の内、2770万人が腰痛をかかえているともいわれています。これは国民の5人に1人に当たる数と
なります。
 このご時世、中々外に出られず運動量も減っている方が多いはず。運動不足も立派な腰痛の原因となっています
。この記事を読んだ方が少しでも腰痛に悩むことが減るのを祈っています。         
(参考文献 腰の激痛 腰と脊椎の名医が教える最高の治し方大全)



目次
1.ギックリ腰の起こる原因つ
2.ギックリ腰の具体的な予防法とは?


1.ギックリ腰の起こる原因2つ
 まず、主にギックリ腰の起こる原因として多い2つを紹介します。
・運動不足で体幹の筋肉が衰えている
・些細な動作(上半身だけ横向きでくしゃみする、中腰姿勢で捻る動作等)によるもの
以上の2つが挙げられます。(前提として、実はギックリ腰が起こる原因ははっきりとよくわかっていません。
ここで挙げた原因二つもあくまでも起こりやすくなる要因として考えて下さい。)

運動不足により体幹の筋肉が衰えている
 なぜ、筋肉が衰えるとギックリ腰を発症しやすくなるのでしょうか。それは上半身の重さが腰椎(腰にある背
骨)に集中してしまうからです。腰椎は、本来ならば腹筋や背筋等の筋肉と共に上半身を支えています。そうい
った姿勢を保つ為に必要な筋肉が衰えてしまうことで腰に負担がかかるのは容易に想像できるでしょう。加えて
デスクワーク等座りっぱなしの状態が続くと、筋肉の柔軟性が乏しくなり更に衝撃を逃がしにくくなります。
 このことから筋力をつけること、柔軟性を高めておくことが非常に重要であることが分かります。

些細な動作(上半身だけ横向きでくしゃみする、中腰姿勢で捻る動作等)によるもの
 こういった動作で起こる原因としては、こむら返りのように筋肉がつっているという説、捻挫、ヘルニアなど
様々です。上記に挙げた動作以外では、重いものを持ち上げる、座った状態で床にあるものを拾う等があります
。腰に負担のかかる動作をなるべく取らないのは非常に大事ですが、もし痛みが出てしまった場合多くは1か月
以内で軽快することがほとんどです。痛みが過度に長引く、いつもの腰痛と違う痛み方をする時は、別の重い病
気が潜んでいる可能性があります。加えて繰り返し急な腰痛を発症する等、異変を感じた場合はすぐに医療機関
を受診してください。



2.ギックリ腰の具体的な予防法とは?
 代表的な腰痛の予防法として、
・体幹の筋力を鍛え、ストレッチをする
・勢いよく上半身を前に倒さない
上記の2つになります。

体幹の筋力を鍛え、ストレッチする
 1の原因でも述べた通り、筋力と柔軟性が衰えると腰椎に過度の負荷がかかり腰痛が出やすくなります。筋力
をつけるといっても、重度のトレーニングでなくても大丈夫です。1日20分のウォーキング程度の軽い有酸素運
動で、腰痛等体の不調が発生するリスクを半分までに抑えることが可能と言われています。柔軟性を高めるため
のストレッチで大切なのが、腰意外の胸郭(肋骨のある部分)、太もものストレッチが最重要ということです。
胸郭から出る筋肉も、太ももに付く筋肉も骨盤まで付着しています。そのため腰のストレッチだけを行っても上
下のバランスが悪いとすぐに元通りになってしまい、腰痛が出やすくなる体勢になってしまいます。そのためス
トレッチを行う際は、腰だけでなく胸郭、太もものストレッチをかかさないようにしましょう。頻度としては毎
日朝晩5分程度行うくらいで十分です。

勢いよく上半身を前に出さない
 くしゃみやせきをするとき等、勢いよく上半身を前に出す動作をすると腰椎や椎間板に急激に圧力がかかり、
ギックリ腰を起こす可能性が高いです。また、椎間板の髄核がとびでてヘルニアに移行することも考えられます
くしゃみやせきをするときは、状態を起こして胸を張り、腰を少し反らした状態を作りましょう。この姿勢が衝
撃を吸収し、腰椎を守る姿勢になります。壁やテーブルなどに手をついておくと、更に急な前屈動作を防
ぐことができます。


というわけで、今回はギックリ腰の原因と予防についてお話ししました。原因の特定がはっきりしていない腰痛
ですが、正しい予防で発症のリスクを軽減させることができます。もし既に腰痛にお悩みの方がいましたら当院
までご連絡下さい。

神奈川県横浜市緑区台村町352杉崎ビル1F ふれあい鍼灸整骨院
045-938-0517

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です